海外アーティスト国内公演

海外アーティストの国内公演への協力を行っています。

 

[来日予定]

2019年 グレッブ ステパーノフ、ニキータ フィテンコ、ユーリ ディデンコ

2018年 ユリア チャプリナ、クリストッフェル ヘストバッカ

 

[公演実績]

2018年 グレッブ ステパーノフ

2017年 ニキータ フィテンコ、ユリア チャプリナ

2015年 アントニオ ディ=クリストファノ、トゥーリ タカラ、ニキータ フィテンコ

2014年 ユリア チャプリナ

2013年 ニキータ フィテンコ、カテリーナ ザイツェヴァ

2011年 ニキータ フィテンコ

ワシントン国際ピアノフェスティバル

2009年より毎夏アメリカ・ワシントンD.Cのコンサートライフを彩るワシントン国際ピアノフェスティバル(Washington International Piano Festival)に参画しています。

2012年、2014年、2016年にはフェスティバルの一環でソロリサイタルを開催。

2017年よりボードメンバーとして企画運営に携わっています。

ルネサンス プロジェクツ ワールドワイド

2009年より、ピアニスト・兼重稔宏との協力により《ルネサンス プロジェクツ ワールドワイド》としてチャリティ・コンサート・シリーズを開催して参りました。

 

現代の世界では、グローバリゼーションが世界各地の人々に様々な恩恵をもたらす一方、サハラ以南のアフリカや南アジアなどの最貧困地域では、世界の発展から取り残されてしまった多くの人々が未だに人間の最低限の生存条件を満たしていない環境で生活することを強いられています。

 

世界的な気候変動に対する共同の取り組みや発展途上国の貧困対策にも関心が向けられていますが、残念ながら、先進国を中心に国益を超えた行動が未だに不充分であるのも事実です。私たちは『人間の安全保障』に着目し、最貧国が持続可能な発展の道に立つことを強く願っています。

 

現在私たちは学生ですがいずれ社会の表舞台に立つこととなる、私たちと同世代の人々のこうした問題に対する意識が異常に希薄であると思われます。

芸術家である私たちが、私たちの世代の先端に立ち、世界の人々に訴えていくことに大きな意義があるものと考えます。私たちはRPWの活動を通して同世代の人々に対して意識の向上を訴え、若い世代から世界的互助の精神が育ってゆく足がかりを作りたいと考えています。

ふるさとクラシックキャラバン

東日本大震災により被災された方々にクラシック音楽をお届けするため、2011年5月に始まり宮城県内各地の避難所ならびに仮設住宅にて公演を致しました。